増税しても生活レベルを同じにするためのクレジットカード

増税など普段の負担が増える現状の中で、極力抑えた生活をしたいものですが、節約だけでは満足した生活を送れなくなってしまうことがあります。

その時に出費が同じであっても、支払い時にポイントなどの還元率が良いことで支払いをそれに変えたりすることが出来るので、増税などでも生活スタイルを変更する必要がなくなります。

クレジットカードは支払が自動で行われるので楽ということもあるのですが、それ以上にポイントや特典といったものが多くあります。

これにはコンビニやスーパーなど特定の店舗だけ還元率が高いというクレジットカードもあるので、いつも通っているコンビニやスーパー、支払い額が大きい場所といったポイントの貯めやすい所のクレジットカードにすることで増税にも対応することが出来るのです。

使い分けというのも有効であり、複数のクレジットカードを使い分けていくというのも良いですし、提携が多く行われているクレジットカードであれば多くの店舗で合算して利用することも可能です。

増税は負担が大きくなりますが、還元率が高いクレジットカードで乗り越えることが出来ます。

 

アルバイトでもクレジットカードを作れるのか

最近はクレジットカードを利用している人がいますが、多くの人が正社員でなければ作ることができないと考えています。しかし決してそのようなことはありません。正社員でなくてもあるバイトやパートの人でも作ることができるのです。さらにそのような職があれば外国人でもクレジットカードの申込みhttp://www.skoma-lux.cz/が可能です。

しかしこの時に注意しなければいけないのが、一般的に契約社員や派遣社員、パートやアルバイトの人は、正社員の人と比べるとクレジットカードの審査に通りにくくなっています。

それはなぜなのかというと、安定継続収入という審査項目があるからです。特にパートなどの場合は、勤続年数が短い場合には厳しくなってしまいます。収入が多い場合でも金属年収が1年未満の場合には、審査に通ることが厳しくなってしまいます。

しかしパートやバイトの人でも、3年を超えて勤務していると、審査に通りやすくなっています。また収入が安定しているかどうかと言うことも基準となります。特に年収が100万円から120万円以下か以上が、審査に通る基準となっています。

この他に在籍確認が撮れるかどうかと言うことも確認されます。アルバイトの場合には勤務時間が不定期となっているので、なかなか確認をすることが難しいですが、電話対応ができる人に、自分宛に電話がかかってくると言うことを伝えておくようにします。

このような事に注意しておけば、アルバイトの人でもクレジットカードを作ることができます。比較的銀行系カードを作る場合には、審査に通りやすくなっています。